2011年08月30日

この夏の出来事

更新サボっている間に、夏も終わりに近づいていますあせあせ(飛び散る汗)
明日で娘の夏休みも終わりだし、、、。


夏のはじめは、書展づくし。

初入選した毎日書道展があり、国立新美術館へ。

納得いかない作品だけど、記念にアップしておきますたらーっ(汗)
P1050768-1.JPG

それ以外にも、石飛博光先生の個展が銀座であったり、赤澤寧生先生の社中展が宇都宮で開催されたり、、、。

見るものたくさんで、忙しかったです。


中盤は、娘の夏休みに付き合い、

海に2回、プールに2回ほど行きました。

焼けるから本当は行きたくなかったのですが、娘の喜ぶ顔を見られるなら仕方ないか、と付き合いましたよ〜海の中まであせあせ(飛び散る汗)

P1050932-1.JPG

案の定、真っ黒に日焼けし、

手の甲と、足の甲の皮がむけどんっ(衝撃)
未だ真っ黒すけですよバッド(下向き矢印)



そして終盤は、

一度は行きたいと思っていた松本の「サイトウキネンフェスティバル」に母と二人で行ってきました。

パパの大学時代の友人が、フェスティバル関係者ということで、
チケットをお願いしたら、
P1060182-1.JPG

オーケストラピット前(一番前)のセンター席を用意して下さりグッド(上向き矢印)
P1060189-1.JPG

指揮者の息づかいや、楽団員の目線、指使い、そして空気まで、身近に感じることができました。
P1060184-1.JPG

「青ヒゲ」は、残念なことに小澤征爾さんが体調崩され振りませんでしたが、
代わりのピエールさん、よかったです。


音楽と演劇のコラボ作品↓
P1060201-1.JPG

いま持っているものに、昔持っていたものを足し合わそうとしてはいけない。
今の自分と昔の自分、両方もつ権利はないのだ。
すべて持つことはできない。
禁じられている。
選ぶことを学べ。
一つ幸せなことがあればぜんぶ幸せ。
二つの幸せは無かったのと同じ。


というセリフがラストにあり、印象的でした。

この作品1918年のものなのですが、今、現代の人たちへの教訓といっていい作品だと思いました。

舞台終了10分後には、出演した方たちのトークもあり、
出演者と観客の距離がグッと縮まったカンジがして、よかったです。

17歳の男の子が奏でていたバイオリン、3億もするストラディヴァリウスだったんですって。
いい音出してましたよ〜揺れるハート

フェスティバル以外でも、70を迎える母と、温泉入ったり、美術館に行ったり、ショッピングを楽しむことができ、いい親孝行ができましたるんるん


ワタシの夏はこんなカンジでしたが、

RIN♪ちゃんは、

ゴールデンウィークにお腹の調子を崩し、生肉禁止にして、茹で肉やお野菜をあげていたのですが、それもどうもいまいちで、どんどん毛艶が悪くなりバッド(下向き矢印)

やっぱり、あの肉が悪いんだ!と泣く泣く、冷凍庫の肉を全部処分しました。

そしてツブツブ食に戻したら、

カユカユのハゲハゲ星人になってしまいどんっ(衝撃)

病院へ連れていったら、

「3歳過ぎると、元から持っているアレルギーが出やすいんですよ」

「アレルギー検査、きっちりするとなると7万円ぐらいかかります」

って。(ヒエ〜〜)

「とりあえず、フードかえてみましょうか」

って言われて、

「ロイヤルカナンのスキンサポート」をあげてみたんだけど、

歯磨きの度に、歯ブラシが黄色く染まるの。

私たちがカレーを食べた後みたいに。

そんな話し、初めて聞いたとドクター。

でもメーカーに確認してもらったら、クルクミン(うこん)が入っていて、それが原因なんですって。

たいした改善も見られなかったので、スキンサポートは即やめ、

現在「ロイヤルカナンのセレクトプロテイン」をあげてます。

が、改善の兆候は全くみられませんもうやだ〜(悲しい顔)

相変わらず、カユカユしていますからたらーっ(汗)

信用できるお肉屋さんを見つけて、生肉生活に戻すのが、ベストなのかな〜と思っているのですが、
まだ実行していません。

誰か、お勧めのお肉屋さんがあったら、教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

アタチ、毛はずいぶん薄くなっちゃったけど、至って元気でちゅよ。
このシャンプー、病院ですすめられて

P1060238-1.JPG

3日に一度はお風呂にいれられてるでちゅよ!
P1060205-1.JPG



長くなりましたが、以上、夏の報告でしたm(_ _)m
posted by RIN♪ママ at 00:00| Comment(4) | DAY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。